吉凶いまだ不明な第3弾作・天の血脈

「虹色のトロッキー」「王道の狗」に続く、安彦良和近現代史3部作と呼ばれる作品の第3弾。 平成27年10月25日現在、第6巻までが発売されています。    物語の舞台は1903年(明治36年)10月の満州・朝鮮の国境、集安(チーアン)から始まります。 主人公の一高生・安積亮という青年が、古代高句麗の王・広開土王の偉業を後世に伝えるために建てられた「広開土王(好太王)碑」の調…

続きを読む

「暗闇」の中に一筋の「暗黒」・・・特攻の島

 はじめに。  今回、投稿する佐藤秀峰氏が描く「特攻の島」ですが、コミック本は10月14日現時点で1巻から7巻まで出ています。まだ芳文社『週刊漫画TIMES』にて連載中らしいです。私はほとんどの漫画をコミック本でしか読まないので7巻以降のストーリーがどうなっているのか、世間の人が知っていても私は知りません。その上での感想とご了承ください。  ちなみに、第8巻は11月中旬頃に出る予定らしいです…

続きを読む