明治維新から日清の狭間に生きる・王道の狗 ①

2015/10/05 11:42
安彦良和近現代史・第2弾。「王道の狗」 1998年~2000年に架けて描かれた。    近現代史・第1弾の「虹色のトロッキー」より50年弱程遡った1889年(明治22年)~1900年(明治33年)という明治中期の日本と朝鮮が舞台。そして朝鮮半島の覇権を争う日本と清国。 北海道北部の刑務所を脱走してきた全く逆の思想を持つ2人が、それぞれ違う生き方でこの陰謀暗躍する時代を利用しながら成長し、生きぬいていく。 メインの主人公に武術を憶え、自分の信じた道を歩む加納周..

続きを読む

必要性ある近現代史漫画。

2015/10/04 17:57
日本の漫画は面白い! 特に近年、近現代史を描く漫画家は学者程ではないかも知れない。が、時間のない中で歴史を出来うる限りよく調べている。    現代に生きる日本人にとって幕末から明治、大正、昭和の近現代日本史は近い歴史でありながら、最も離れた歴史になっていた。 その忘れかけていた大事な歴史を、学者さん達には到底出来ない漫画という技術を使い、多くの人に少しづつ広めていってくれています。       安彦良和・天の血脈 このブログで紹介する漫画は、そん..

続きを読む

もっと見る